透析治療までの流れ

透析治療までの流れ

透析開始時の手続き及び準備物

【初回来院時】
診療情報提供書
透析用サマリー(直近過去3回分透析記録)
血液検査データ
保険証一式
  • 健康保険被保険者証・国民健康保険被保険者証
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 特定疾病療養受療証
  • 障害者手帳(障害者医療証)
  • 自立支援医療受給者証(更生医療)
  • 介護保険証 等
お薬手帳
【来院時】
患者様に準備していただくもの
  • 貴重品入れ
  • バスタオル
  • 止血ベルト
  • イヤホン
  • スリッパ
  • ティッシュペーパー
  • 着替えの衣類(重さ測定)等
※止血ベルトは当院で用意できます
【支払方法】
現金払い・口座振替のどちらかを選択できます。
現金払い:受付窓口にて(月末〆、翌月10日過ぎに支払い)
口座振替:用紙記入時・・・通帳・届出印鑑必要(月末〆、翌月20日引き落とし)
【処方】
院外処方(薬局へのFAXはいたします)

透析開始にあたって

【検査予定】
採血 (1ヵ月に2回)
胸部レントゲン検査(1ヵ月に1回)
心電図(3ヵ月に1回)
その他の検査(随時)
※検査予定は掲示板を確認してください。
【医師回診】
毎日行います。
【栄養指導】
希望者には管理栄養士による栄養指導を行います。
【フットケア】
必要時には看護師等によるフットケアを行います。
【シーツ交換】
1週間に1回
【その他】
災害時に備え、緊急離脱の指導も行います。

透析室入室から退室までの流れ

  1. 入室
    医院の受付は通らず直接透析室に来てください。
    ※但し、透析初日及び定期の胸部レントゲン・心電図検査等がある場合は外来受付にてお待ちください。
    人工透析棟玄関は通常AM8:30に開錠します。
  2. 準備
    スリッパをはきかえ、透析前の体重測定を行います。
    ベッド準備は各自でお願いしています。
    手洗いをしてください。(特に穿刺部あたりを丁寧に)
  3. 治療
    穿刺後、透析をはじめます。治療中は看護師や臨床工学技士が、患者さまの状態や各透析装置の状態などを【人工透析管理システム】で集中管理しています。穿刺順はベッド配列ごとの輪番制となります。透析中、患者さまには各ベッドに設置しているTVをご覧いただけます。また、各自でご持参いただければ、DVD鑑賞も可能です。(DVDの規格によっては見られない場合もございます)何かご不安な点や気分が悪いときは、ナースコールでお知らせください。
    透析中に、理学療法士や管理栄養士との相談も可能です。看護師までお気軽にお声かけください。
  4. 退室
    抜針部の止血を確認します。透析後の体重測定を行い、終了です。スリッパをはきかえ、ご退室ください。

施設案内と留意事項

  • 院内全館禁煙
  • 貴重品は自己管理でお願いします。
  • 体調がすぐれない時や発熱時・咳やくしゃみが出るときはマスクを着用し、スタッフにお知らせください。
  • 体調に変化があった時には外来診療時間に受診してください。
  • 診療時間外(夜間や日曜日など)に体調を崩されたときは、ご連絡ください。

このページの先頭へ